万能薬ジスロマック

顔を抑える女性

クラミジアや淋病などの性感染症に有効とされるジスロマックですが、それ以外の様々な感染症にも十分な治療効果があります。もしもの時の為に常備薬として持っておく方の多い薬ですが、病院では必要な錠数しか処方されない為、常備薬として持っておくのは難しいかもしれません。そんな時は、海外通販サイトを利用してあらかじめ購入しておくようにしましょう。旅行などの際に持っていくのもお勧めです。特に海外の場合、病院にかかるのも一苦労になってしまいますので、是非持って行きましょう。具体的に、どのような場合に効果があるのでしょうか?

歯周病

歯とデンタルミラー

歯周病は、様々な細菌の塊である歯垢が温床となる感染症で、重度の歯周病はカビ一種であるカンジダ菌が大きく関わっているという研究結果も発表されています。その為、カンジタ菌の増殖を抑える効果があるジスロマックが処方薬として使われます。ジスロマックは、歯周病の病原菌を一気に死滅させる効果があります。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ属の細菌に感染することで起こる肺炎で、5歳から15歳未満に多く発症します。肺炎全体の約2割ほどがマイコプラズマを原因として起こると言われていて、発症者を媒介にし、成人や乳幼児にも感染します。

副鼻腔炎

鼻をつまむ女性

副鼻腔炎の原因となる病原菌に直接働きかけるのではなく、細菌の繁殖を抑える抗生物質として働く事で治癒へと導きます。副鼻腔炎とは、鼻の粘膜にウイルスや細菌が感染する事で炎症が起き、そこに膿がたまる事で症状として現れます。主な症状は鼻の痛み、絶えず鼻水が出るというものです。鼻をかんで鼻水を排出する事で、殆どの症状は回復に向かいます。数ヶ月のジスマロックの服用で、副鼻腔炎は治せます。

その他

それ以外に、以下の症状にも効果があります。深在性皮膚感染症、リンパ管炎、リンパ節炎、咽頭炎、喉頭炎、扁桃周囲炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、中耳炎など非常に様々な感染症に有効です。

病気は何事も早期治療ですが、いつでもすぐに病院に行けるとは限りません。そんな時のために、是非ジスロマックを常備しておきましょう。