クラミジアを放置すると?

錠剤とHIVの文字

クラミジアは自覚症状がない事が多いにも関わらず、自然治癒はしないとされています。さらに治療せずに放置してしまうと、男性も女性も大きな被害がある危険があります。

まず、一番恐ろしい事は、HIVなどの感染症になる確率が5倍にも上がってしまうという事です。また、男性も女性も不妊症の原因となってしまいます。不妊治療を受けたら、実は数年前にクラミジアにかかっていたのが原因で妊娠しにくくなってしまっていたという事はよくあります。症状がなくても体内で病気は進行している為、気付いた時には妊娠が難しい状態になっていたというケースもあります。

それ以外に、男性は無精子症、尿道炎、前立腺炎や副睾丸炎、血精液症などの危険があります。女性は子宮頸管炎、卵管炎、骨盤内感染症、肝臓の病気を引き起こす事もあります。また、咽頭に感染している場合もありますが、これは風邪と誤診されてしまう事もあります。さらに菌のついた手で目をこすってしまった場合など、目に感染する事もあります。こちらも初期では診断が難しく、しっかりと検査をしましょう。

妊娠中に感染すると?

妊婦

なお、万が一妊娠中にかかってしてしまった場合、胎児にも影響します。流産や早産のリスクが高まったり、産道感染してしまうと、赤ちゃんが結膜炎や新生児肺炎になってしまったり、命を落としてしまう危険もあります。ジスロマックは妊婦さんでも服用できる薬ですので、医師に相談の上、服用して早めに治療しましょう。

いずれにしても、性別、年齢を問わず、絶対に放置してはいけない病気です。性交を一度でもした事のある方ならかかっている危険がある為、早めに一度検査をしましょう。現在は検査キットや治療薬は病院に行かずにいつでも通販でも購入できます。忙しい方や、病院に行くのが恥ずかしいという方にもお勧めです。郵便局留めに出来るところも多く、箱には薬である事などは記載されていないので、家族などにばれてしまう危険も少なく、安心して利用できます。