ジスロマックとは

口をふさぐ女性

ジスロマックとはマクロライド系に分類される抗生剤です。有効成分はアジスロマイシン水和物としており、抗菌作用が期待できます。風邪などで処方される場合もありますが、主にマイコプラズマ肺炎や、クラミジアなど様々な感染症に適用されます。

特にクラミジア感染症の治療薬においてジスロマックの右に出るものはないとされております。特徴的なのは効果が長く続くため、服用回数が少なくて済むところです。例えば風邪を引いた時などには、毎食後1にち3回風邪薬を飲みます。そしてそれを何日か続けなくてはなりません。しかし、ジスロマックの有効成分アジスロマイシン水和物は1週間も効果が持続するので、1回の服用で7日間飲まなくても可能なのです。

頭をかきむしる男性

クラミジア感染症の場合、1回の服用で7日後には完治してる場合がほとんどなのです。服用回数が少なくて済むと、飲み忘れの防止や、経口治療薬が苦手な人でも問題なく服用できます。特にマイコプラズマの場合、小児が罹ると、治療薬を飲ませるのに苦労しますが、これの場合だと少なくて済むので煩わしさがありませんし、飲ませれなかったという事もありません。

予防としても有効

そして、効果の持続性から、感染予防として服用している方もいます。クラミジアは、日本国内の性感染症の中で一番感染者が多いとされています。その原因は、感染率が高いのと、感染しても自覚症状がほとんどない事です。しかし、そのまま放置してしまうと重大な疾患を患ったり、HIVの感染率が5倍にも膨れ上がったりと実は大変怖い感染症なのです。ノーマルセックスだけでなく、オーラルセックスでも感染してしまう事も原因の一つとなっています。口だけのサービスの風俗にいっても感染してしまう可能性もあるのです。そこで、風俗などに行く前にジスロマックを服用して行くことで感染予防としても期待できます。日本では万能な抗生物質として幅広く愛用されています。最近では、通販で購入することも可能なので、もしもの時の為に常備しておくのをお勧めします。